福祉活動に積極的に取り組む組織

神道系の宗教団体、ワールドメイトはカンボジアで「ワールドメイト未来の光孤児院」という孤児院の運営も行っているようだ。
自活能力を持ち、安定した健康な精神状態で社会に出ることを目標としている。
「未来の光」というのは、この孤児院で暮らしている子供たちが貧困から脱出し、明るい未来を掴むために必要な技術を身に着けている、
というところから付けられた。18歳になるまで、教材や教育、課外活動を無料で提供している。

コンピューターと英語を履修しているようだ。
その他にも希望すればカンボジアの伝統舞踊や伝統楽器、仕立てや裁縫、絹織物なども習うことができるという。
この孤児院を卒業した子供たちは、地方の学校に英語やコンピューターの教師として働いたりするそうだ。
他にも24時間無料救急病院「シアヌーク病院」も建設した。これにより、貧しくて病院に行けなかった人たち、多くの命が救われているようだ。
「シアヌーク」とはカンボジア前国王の名前である。建設の計画を聞いたカンボジアのシアヌーク前国王が、この病院に自らの名前を託したそうだ。
ワールドメイトの福祉活動は盛んなようで、リーダーである深見東州の優しさや温かさを感じられる宗教団体のようだ。
だから、ワールドメイトや深見東州のファンが多いのではないのだろうか。
ファンが運営するファンサイトも数多く存在している。どのサイトを見ても、深見東州の素晴らしさを伝えているものばかりだ。
それだけ魅力的な人物である深見東州が気になる。